トップページ > 沿革

沿革

 当社のルーツは1916年(大正6年)には三井物産を超えて日本一の年商を誇った幻の総合商社である「鈴木商店」に あります。

 鈴木商店は、躍進の原動力となったクスノキを原料とする台湾産樟脳油の再製を 事業化し、1918(大正8年)当社の前身「再製樟脳株式会社(現在の日本テルペン化学株式会社)」を設立しました。

 1927(昭和2)年、樟脳副産油より香料等を合成する事業は再製樟脳から分社化して設立された当社に 引き継がれることになりました。

 創業以来継承してきた植物精油のノウハウを生かし、次代への飛躍を図るため チャレンジを続けております。
 

1900年   小野禎一郎、鈴木商店入店 金子直吉の再製樟脳事業のスタッフとなる


1903年   小野禎一郎、鈴木商店筒井製脳所の責任者


1916年   鈴木化学研究所、樟脳副産油による香料等の合成の研究に着手


1918年   小野禎一郎の長男小野嘉七、合名会社鈴木商店入店 鈴木化学研究所で樟脳副産油よりの香料等の合成を研究


1919年   鈴木商店の主導のもとに再製樟脳株式会社設立 小野禎一郎、常務に就任


1921年   小野嘉七、再製樟脳株式会社入社 国内海外の大学とも技術交流を行いながら、数多くの特許を取得。再製樟脳の香料部門としての事業を確立させた


1924年   小野禎一郎、再製樟脳株式会社社長に就任 (1932年まで務める)


1926年   再製樟脳株式会社、樟脳副産油処理の新工場の建設を専売局に願い出


1927年4月2日 鈴木商店倒産 直後の4月9日に樟脳副産油処理の新工場建設許可が専売局よりおりる
 関係者協議の結果、樟脳副産油処理による香料等製造は分社して行うこととなった
1927年6月7日 日本香料薬品株式会社設立 資本金100万円 代表取締役小野嘉七


1930年   現在の本社敷地内に本社・工場・研究室が完成


1937年   本山工場が操業開始


1939年   東京営業所を開設 (1943年 東京事務所  1969年 東京支店に改称)


1940年   大阪営業所を開設


1941年   台北工場が操業開始 (1945年に中華民国が接収)


1943年   日本有機化工株式会社に商号変更
 戦時中は香料の製造を中止していたことによるもの。戦時中は軍の要請を受けて浮遊選鉱剤を製造していた。


1945年   神戸大空襲 本社工場、本山工場が罹災  本社工場に集約して再建する
 終戦に伴い香料製造再開、商号を日本香料薬品株式会社に戻す


1946年   食品香料の取扱いをはじめる


1947年   福岡営業所を開設


1948年   小野嘉七急逝  小野嘉七の長男小野一夫、代表取締役に就任


1951年   資本金500万円


1962年   樟脳専売廃止 工業薬品(合成香料・浮遊選鉱剤等)の原料はテレピン油に切り替える
 樟脳の主な需要はセルロイドだったが戦後石油製品におきかわっていき樟脳の需要も急減したため


1991年   資本金1億円


1992年   工場・研究所の全面的建替が竣工









1993年   代表取締役社長に小野一夫の長男小野昭夫が就任


1994年   資本金2億4000万円


1995年   阪神淡路大震災  1992年の建替が幸いして被害は軽微にとどまる
 しかしながら、全壊した周囲の工場は、当地で再建されることなく、「HAT神戸」として土地利用転換が進んでいる。当社も地域との共存を図り、都心の工場として周囲の環境に配慮しています。


2001年   ISO9001取得


2002年   ホームページ開設


2011年   システムを更新 デジタル技術を活用して省力化とミスの大幅な軽減が実現


2015年   無菌充填対応の新香料工場竣工


ページ先頭へ戻る